人と自然を、技術でむすぶ。 奥村組 OKUMURA CORPORATION

ニュースリリース

福島県平田村での木質バイオマス発電事業会社の設立について

2022/02/28

株式会社奥村組(本社:大阪市阿倍野区、代表取締役社長:奥村 太加典、以下「奥村組」)、四国電力株式会社(本社:香川県高松市、取締役社長 社長執行役員:長井 啓介、以下「四国電力」)および岩堀建設工業株式会社(本社:埼玉県川越市、代表取締役社長:岩堀 和久、以下「岩堀建設工業」)の3社は、共同出資により、福島県石川郡平田村に木質バイオマス発電事業(以下「本事業」)を行う平田バイオエナジー合同会社を設立しました。

本事業は福島県石川郡平田村に発電規模1,990kWの発電設備2機を建設し、国産材由来の木質チップを燃料として発電事業を行うもので、2022年6月に1号設備、2023年4月に2号設備の稼働を予定しています。また、再生可能エネルギー固定価格買取制度を利用し、発電する電気の全量を東北電力ネットワーク株式会社へ売電します。

燃料となる木質チップにはすべて福島県および近隣県の林地で発生する間伐材等を使う計画であり、森林整備の促進、林業振興、雇用創出によって地域社会の活性化にも貢献できるよう尽力します。
各社は、脱炭素社会実現に向けて、今後も再生可能エネルギーを活用した事業を積極的に推進するなど、持続可能な社会の実現を目指してまいります。



【本事業の概要】



事業主体 平田バイオエナジー合同会社
代表者 職務執行者 原田 治(奥村組)
発電設備所在地 福島県石川郡平田村
出資会社(出資比率) 奥村組(56%)、四国電力(39%)、岩堀建設工業(5%)
発電出力 1,990kW×2機
年間発電電力量 約29百万kWh(一般家庭約9,300世帯分に相当)
燃料種別 木質チップ(間伐材等由来の木質バイオマス)
運転開始予定 2022年 6月(1号)、2023年4月(2号)



【建設予定地】



【発電所イメージ図】

1号設備

2号設備

【お問い合わせ先】

株式会社奥村組
投資開発事業本部 新事業開発部 新エネルギー・電力事業開発課
大矢 好洋(おおや よしひろ)
TEL:03-6628-8801 (直) FAX:03-5427-8330
E-mail:yoshihiro.oya@okumuragumi.jp

COPYRIGHT© OKUMURA CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.