人と自然を、技術でむすぶ。 奥村組 OKUMURA CORPORATION

ESG/SDGsについてマテリアリティ

ESG/SDGsに関わるマテリアリティ(重要課題)

ESG/SDGsに関わるリスクと機会、インパクトおよび当社グループの課題

当社グループは、「2030年に向けたビジョン」の実現を目指し、ESGへの取り組みを強化しています。
2015年に国連サミットで採択されたSDGs(持続可能な開発目標)と当社グループのビジョンとは、「持続的な共生社会の実現を目指す」という目的が一致していることから、当社グループにおいても、国連の理念に賛同し、SDGsに関連する課題の解決に取り組む考えです。
具体的には、ESG/SDGsに関わるリスクと機会を特定し、それらが顕在化した場合のインパクトを想定することにより、ESG/SDGsに関わる当社グループの課題を抽出しています。特に重要度の高い課題である「レジリエントなインフラ整備への貢献」、「環境に配慮した設計・施工」、「働き方改革の推進」については、マテリアリティ (重要課題)として特定しています。以下の表のSDGsアイコンの大きさは、SDGsの観点における当社グループの課題の重要度を示しています。

マテリアリティ特定のプロセス

ESG/SDGsに関わる当社グループのマテリアリティ(重要課題)は、以下のプロセスにより特定しています。

①課題の抽出
各部門において、ESG/SDGsに関わる当社グループの課題を抽出しました。
②課題の優先付け
抽出した課題に対して、ESG/SDGsに関わるリスクと機会およびインパクトを分析し、可能性と影響度の2軸で重要度を評価しました。
③マテリアリティ(重要課題)の特定
ESG/SDGs推進委員会により、重要度の高い課題をESG/SDGsに関わる当社グループのマテリアリティ(重要課題)として特定しました。
ESG/SDGs推進体制

当社グループは、ESG/SDGs推進委員会を設置し、右図の体制によりESG/SDGsに関わる取り組みを推進しています。
ESG/SDGs推進委員会で策定した方針は、全社の計画に反映し、各本部等を通じて、展開しています。


SDGsマテリアリティマッピング

COPYRIGHT© OKUMURA CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.